_________________

●カレンダー●


 

●練習内容●

一、基本
その場での突き・蹴りなどの基本動作を形など意識して行います。
基本なくして応用はありません。

二、移動練習
基本で確認した動作を、移動しながら行います。
これにより、基本の動きをより身体に馴染ませるのです。

三、技術練習
各級・段ごとに分かれ柔法・剛法それぞれの技を学びます。
少林寺拳法には数多くの技があり、非常に奥が深いです。
四、防具練習
胴やミットをつかい、実際に突いたり蹴ったりする感覚を養います。
五、運用法
安全に配慮し、胴・フェイスガード等を付けて実戦の練習を行います。
技術練習などで学んだ技術を実際に試し、身につけます。
六、体力
最後に筋力トレーニングを行い、しっかりと整理体操をして一日の練習が終了します。